イメージ1

独自のサービス

ネットプリカとは

サンクス独自で行なっているサービスも様々にある。今回はそんな独自サービスを少し紹介していこう。そのサービスとは『ネットプリカ』と呼ばれる各種プリペイドカードをオンラインで発券し、販売するサービスのことを指している。

今までのプリペイトカードの違いというものがあり、従来のはスクラッチを削ってプリペイト番号を見えるようにして利用していたのだが、プリペイトカード自体が店頭で売り切れていた場合は購入することが出来なくなっており、店側も十分な利益を得ることは出来なかった。

ネットプリカでは商品は店内レジに内蔵されたプリンターから、直接専用少子に印刷して発行されるようになる。こういったことがあるため、原則として売切れることなく24時間販売いつでも販売・購入できるようにしたものとなっている。

また原則としては3週間後との切り替えで各種商品キャンペーンを実施しており、店内のネットプリカ売り場で内容が確認できるようになっている。

購入方法

ネットプリカの購入方法としては、まず店舗に在庫がある状態でサンプルカードを購入する店、もしくはカルワザステーション経由での購入のみを取扱う店舗、両方の購入方法を取扱う店舗の三種類に分けることが出来る。

  • 店内にある専用売り場にてサンプルカードを選択してレジに持ち込むと、店員がサンプルカードのバーコードをレジでスキャンして、プリペイト番号がプリントされた紙が発行される。
  • レジで、口頭で『ネットプリカでウェブマネーを下さい。』と店員に注文する。
  • 店内設置のカルワザステーションという端末でネットプリカを選択し、画面に表示された通りに操作して、出てきた明細書をレジに持って行って購入する。

コンビニスイーツ研究会!

BankTime

サークルKサンクスの全額出資の子会社でもあるゼロネットワークスによるATMサービスの一つで同社のATMサービスであるゼロバンクの設置されていない地域には『サークルK』・『サンクス』に設置されている。

サークルKサンクスがゼロバンクで手掛けてきた中京圏・首都圏でのATMサービスに続いて、同社のドミナントエリアでもある関西圏におけるATMサービスを手掛けるべく、関西に基盤をもつりそな銀行と提携して誕生したものとなっている。りそな銀行との提携に当たっては、りそなグループ各校のキャッシュカード取引に伴う時間外手数料を無料としたが、ゼロバンクのように『銀行間手数料無料』のサービスを行なわなかったことから、別ブランドの『BankTime』を立ち上げたというのが経緯となっている。

都市銀行であるりそな銀行と提携したことで、中京圏・首都圏以外の『サークルK』・『サンクス』に設置されるATMは基本的にBankTimeにより行なわれることになって、全国規模で展開されている。『サンクス』のエリアフランチャイザーの意向もあって、りそなグループ各校の店舗網のない南九州や四国にもBankTimeのATMをせっちしており、2012年4月現在、ゼロバンク設置都県、およびサークルKサンクス空白県を除けば未設置県は静岡県のみとなっている。

北陸3県への設置に当たっては北陸銀行と、北海道への設置にあたっては、北海道銀行と、広島県・岡山県への設置に当たっては広島銀行とそれぞれ提携を行なっているが、他のコンビニATMと異なっているのは、それぞれの地方銀行とサークルKサンクス・りそな銀行の3社提携という形をとり、ATMも各行とりそな銀行の共同ATMをゼロネットワークスに委託する形を取っている。このうち、北海道銀行、並びに広島銀行がりそな銀行と共同管理しているATMについては北海道銀行・広島銀行のキャッシュカードによる出金でも終日手数料が発生する扱いとなっている。

なお、ゼロバンクを手掛けてきた東京スター銀行とゼロネットワークスとの間の提携契約が2012年を持って満了となってしまったため、2012年夏から年末にかけて、首都圏にある東京スター銀行を幹事銀行としているゼロバンクATMがりそな銀行を幹事銀行とするBankTimeATMに置き換えられている。

沿革

2007年5月24日
- サークルKサンクスとりそな銀行の間で、関西地区の『サークルK』『サンクス』の店舗にりそな銀行を幹事銀行とするATMを設置することで基本合意したことを発表。
2008年2月18日
- 大阪市中央区のサンクス2店舗にて『BankTime』サービスを開始。その後随時全国に展開していく。
2008年11月14日
- 北陸銀行とサークルKサンクス・りそな銀行の間で共同ATMサービス展開について基本合意を発表。
2009年5月25日
- 北陸銀行・りそな銀行共同ATMとして石川県4店舗でのサービスを開始。6月17日には福井県で、10月13日には富山県でサービス開始。
2009年11月16日
- 北海道銀行とサークルKサンクス・りそな銀行の間で共同ATMサービス展開について、当面はりそな銀行を幹事銀行とするBankTime ATMを設置し、2011年に共同運営に移行する基本合意を発表。
2011年10月11日
- 北海道設置分を北海道銀行との共同運営に移行。
2012年1月30日
- 岡山県・広島県設置分を広島銀行との共同運営に移行。
2012年2月2日
- 東京スター銀行とゼロネットワークスとの提携契約期間満了により、同年夏以降首都圏でのゼロバンクATMをりそな銀行を幹事銀行とするBankTime ATMに順次置き換えることを発表。12月末までに置き換え完了。
2014年春めど
- 愛媛県設置分を伊予銀行との共同運営に移行予定。

コンビニ限定商品アゲ

ページのトップへ