イメージ1

カルワザステーション

サークルKサンクス独自のマルチメディアステーション

サークルKサンクスの特徴の一つとしては、この店舗独特のマルチメディアステーションとなる『カルワザステーション』だろう。何処の店舗にも必ずおいてあり、ネット内で現金支払いなどを手続きした場合には、専用名バーコードなどを発行するなどの機能を搭載しているものとなっている。現在では大手通販サイト『Amazon』でのコンビニ先払いなども、所定の番号を画面で入力して、画面の表示に従って所定の操作を行なうことでその進化を発揮する。

余談だが、私がこうしたものを初めて利用したことがあるのは、ローソンの『Loppi』が最初である。今でこそこうした便利な機能を備えているマルチメディアステーションだが、つい最近まではそこまで普及の兆しを見せることは無かった。今でもそこまで頻繁に利用している人が多いかどうかという問題になると少し怪しいところだが、ほんの数年前と現在では利用する人の数は飛躍的に伸びていると考えて問題ないだろう。

さて、ではサークルKサンクスのマルチメディアステーション『カルワザステーション』について説明していこう。

コンビニスイーツ研究会!

展開当初の機能

今でこそほとんどの用途を満たすことの出来る機械となっているが、初めからそこまでの機能を搭載しているほど、発展スピードは激しくは無かった。現在でももしかしたらこういった機会の存在を認知していない人がいてもおかしくないほどだ、と過言ではないだろう。では展開当時はどんな機能が主要としていたのか、それは以下の通りとなっている。

  • 自社のポイントサービスである『KARUWAZA CLUB』への会員登録機能、カルポイント照会及びカルポイント交換による景品の発注/懸賞応募機能。これにより、パソコン等がなくてもKARUWAZA CLUBへの入会が店頭で可能となった。
  • 以前から販売されていたチケット用紙に印字するタイプのプリペイド電子マネーの一種である『ネットプリカ』の注文機能。多言語に対応可能であるが、選択されている言語によって購入できるプリカが異なる。
  • スポーツ振興くじ (toto) の販売機能。ClubTOTOカードを併用可能。内蔵のフラットベッドスキャナによりマークシートで購入指示が出来ることが特色。ClubTOTOカードに紐付けした銀行口座からのデビット決済に対応予定。
  • Edyギフト受け取り及び、オンラインEdy残高照会。

こう見るとかなり限定された機能となっている。普段からサークルKサンクスを利用している人でなければ使用する頻度も少ないといったものということもあるため、本当に玄手陰的な展開規模だったこともよく理解出来る。しかし、競合他社との競争に勝つためにはこのままの機能ではかつ見込みはほとんど少ないということもあるため、機能の充実化については年々その用途を増やしていく事になるのだった。

2009年7月22日アップデート後の機能

まず始めのアップデート時には、以下のような機能の搭載が決行された。

  • チケットぴあ提携によるプレイガイド機能。

以前より同社はチケットぴあと提携してチケットの発券を行ってきたが、インターネット経由で予約したチケットは発券できず、Pコードを直接入力するか、電話予約に限定されていたが、このアップデートにより可能となった。

  • JTB提携による、イベントチケット及び高速バス乗車券販売機能。
  • ウェルネット等による通販代金等の支払い機能。

このアップデートでチケットぴあで購入したチケットの発見なども行うことが出来るようになり、さらには通販サイトで先払いを選択して、所定の番号を入力してバーコードを引きだして代金を支払うやり方が導入され始めるところを見ると、そこまで古い機能ではないということもわかるだろう。近年の急速に発展した通販業界の流れと共にニーズに合わせた進化を遂げなくては、時代についていけなくなってしまうということなのかもしれない。

この時、それまでのオンライン決済を行うことも可能となっているが、これは機械そのものを導入していない店舗だけに限られている。

2009年10月1日アップデート後の機能

2回目のアップデート時には、さらに以下のような新機能も搭載されるようになるのだった。

  • スポーツ振興くじの当せん確認及び当せん額1万円未満のくじに関して払い戻し請求が可能となる。当せん金払い戻しはコンビニエンスストア業界では初めてとなる。なお、当然ながら自店発行以外のくじ券でも請求可能となっている。

また上記の内容に関しては提携先などを鑑みると先行していたファミリーポートのFamiポートのサービスに酷似するものの、導入途中ということもあり、端末操作にて通信販売を行なうことになっており、ローンカードやクレジットカードの借入金を返済するといった機能は現在いまだ実装されていない。また、これは直接等端末の機能ではないものの、2009年12月1日より、カルポイント300ポイント分を、300円相当のEdyに交換できるようになっていた。

ところがこのステーションの導入では一部地域、特に香川県と徳島県のサンクス店舗にはエリアフランチャイジーのサンクスアンドアソシエイツ東四国の意向によって導入が遅れていた。当時会社は不採算店舗の整理を大規模に進めていたため、カルワザステーションの設置は存続が決定した店舗にのみ順次行われ、2010年8月に現存店舗全てに設置が完了している。

一方で東京都・千葉県でサンクス店舗を展開してたCVSベイエリアの運営する店舗では導入を送っており、またサークルKサンクスからの離脱を求めて訴訟を起こされたのち、和解を経て離脱をしたために、導入することは無かった。

コンビニ限定商品アゲ

会議室を借りたいけど何をどう探したらいいのか分からない…。そんな貴方にオススメするのが会議室ナビ!http://kaigi-navi.jp/充実のこだわり検索オプションで借りたい施設がきっとみつかります♪

ページのトップへ